インプラント・口腔外科

キービジュアル

最も機能的に優れた欠損歯の治療法

インプラント

どのような治療も天然歯に並ぶものはありません。
当院では、まず歯を抜かずに保存するために出来る限りのことをします。それでも残念ながら歯を残せないとなった時に一つの選択肢としてインプラント治療を提案させていただいています。一度埋入されると取り外しが出来ないため、皆様の口腔環境を考えメリットとデメリットを含めて十分に説明させていただきます。

インプラント(人工歯根)とは、虫歯や歯周病などによって歯を失ってしまった箇所(欠損歯)の顎の骨に、チタン*あるいはチタン合金製の人工歯根を埋め込み、その歯根を土台にして人工歯を装着する治療のことです。 1本の歯が無くなった場合から、全部の歯が無くなった場合まで、適用が可能です。
インプラントは、入れ歯のような「取り外し」が不要ですし、ブリッジのように両隣の健康な歯を削る必要もありません。
また、自分の歯と同じようにものが食べられることから、現在では最も機能的に優れた欠損歯の治療法と言われています。
*チタン:とても生体親和性の高い材料で、現在は表面加工の技術進化により骨と結合する性質があります。

当院のインプラント治療

安全で精確なインプラント治療を行うために、最高水準の滅菌、模型とCT(3次元的に立体化した画像)を重ね合わせ、シミュレーションソフトを使用して、咬合と解剖に配慮した計画立案をいたします。
治療計画に問題ないことを確認したら計画通りの手術ができるようにオペレーションガイドを作成し、手術を行います。
インプラント治療は後戻りができない治療です。安全に治療を進められるシステムを導入しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

歯が無いままにしておくリスク

歯を失ってそのままにしておくと、対合歯の挺出や両隣の歯がそれぞれ歯の無い方向に傾き、歯列全体に狂いが生じてきます。長期にわたって歯の無い状態を放置すると、非生理的な歯牙摂食を起こし周囲の歯を含め顎口腔機能に不調和を引き起こすことに繋がります。汚れも溜まりやすく磨きづらいため、次々と歯を失ってしまうケースも少なくありません。咬み合わせや顎の動きはもちろん、顔の表情まで変えてしまうことにつながり、大きなリスク要因になってしまいます。

両隣の歯が動いて、噛み合わせが悪くなる

歯を一本失った場合、失った歯の両隣の歯が次第に傾いてきます。特に後方の歯が傾きやすく、一見すると失われた歯のスペースがなくなったかのようにみえます。しかし、実際には咬み合わせは崩れ、しっかりと咬むことが難しくなってきます。また、傾いた歯には無理な力が加わるため、とても傷みやすくなり、連鎖的に歯を失う原因になります。たとえ一本だけであっても、歯が抜けたままにしておくことはリスクがあるということです。

噛み合わせのバランスが崩れてくる

失った本数が多い場合には、歯の無い側ではうまく噛めなくなるので、もう片側の歯でばかり咬むようになります(片咬み)。すると、咀嚼運動や咬み合わせのバランスが崩れてきます。
こうした咬み合わせのアンバランスは、顎関節症の原因になり、肩こり、顎関節の痛み、関節音といった症状をもたらすこともあります。
また、食事の度にストレスを覚えるようになり、食べる楽しみも半減してしまいます。

見た目にも影響をきたします

歯は、顔の印象を大きく左右します。歯の見え方に個人差はありますが前方歯群ですと歯がなくなってしまうと、口を開けた時にとても目立つため、見る人への印象に繋がることもあります。
また、歯を失って、長い期間にわたってそれを放置すると、抜けた歯の周囲の骨が痩せると共に歯ぐきの位置も下がってきます。
多数歯の欠損ですと、顎の位置が変わったり、口元が痩せて来るため見た目にも影響が出ることもあります。

聞き取りにくい発音になります

歯は、正しい発音を助ける役割も担っています。そのため、発音に関わる部位の歯が抜けてしまうと、発音にも影響が出てきます。
空気がもれたような発音になってしまい、聞き取りづらくなってしまうため日々のコミュニケーションにストレスがおよぶこともあります。

インプラントのメリット

  • 入れ歯のような「取り外し」の必要が無い
  • ブリッジのように、両隣の健康な歯を削る必要が無い
  • 最も自然歯のように物をよく噛み砕け、周囲の歯にも全身の健康にも好影響を与える
  • 噛んだ時、自身の歯のように歯ぐきに刺激が伝わるので、顎の骨が痩せにくい
  • 顎の骨にしっかりと固定されるので、違和感が少なく、周囲の歯にも影響を与えない
  • 細菌が付着しづらく、虫歯や歯周病になりにくい
  • 発音や発声への影響が少ない

このように、インプラントはブリッジや入れ歯よりもメリットが多く、他の歯を削ることなく、しかも自分の歯と同じようにものが食べられます。

インプラントのデメリット

  • 部分麻酔下の外科処置が必要
  • 自由診療となるため、費用がかかる
  • 生涯を見据えた治療計画が必要
  • 重い脳血管障害、心臓病、糖尿病、骨粗しょう症の患者様には行えないことがある

※上記のような全身疾患がある場合にはかかりつけの医療機関や、当院の連携医療機関をご紹介し、十分な検討の上、治療方針を決定いたします。

歯科口腔外科

写真

お口の中をのぞいて見えるすべての組織、つまり歯や歯茎だけでなく、舌、頬の粘膜、舌の付け根、上顎、下顎、唇と、粘膜に隠れている唾液腺(つばを出す組織)、さらに顔や顎の形をつくっている骨、顎関節など、これらに生じた病変や外傷なども診察させていただきます

親知らず治療

普通にはえていて、感染や炎症のない親知らずは問題ありません。
ただし、現代人は顎骨が退化傾向にあり親知らずが正しい位置にはえてくることがあまりなく、横にはえたり、はえきらなかったりすることが多いです。
不衛生的な環境を作る要因となり結果として腫れたり、隣の歯まで虫歯になることが多くトラブルの原因となります。
そのため、ちゃんとはえていない親知らずをコントロールする必要があります。抜歯もその手段の一つです

顎関節症/顎関節脱臼

顎が痛い、音がするなど顎関節症などの治療なども行なっています。
またアゴがはずれたのを戻すのも得意ですのでお困りの方はご相談ください。

デンタルローンのお取り扱いについて

自由診療は保険対象外となります。デンタルローンでの治療費のお支払いにも対応しておりますので、詳しくはスタッフにお尋ねください。

クリニックメニュー

医院名 とどろき今井歯科
住 所 〒158-0082 東京都世田谷区等々力3-5-11
TEL 03-3701-1182
アクセス 東急大井町線 等々力駅 徒歩1分
休診日 木曜、日曜、祝日
診療科目 一般歯科、小児歯科、予防歯科
診療時間 日・祝
9:30~
13:00
14:30~
19:00

14:30~17:00

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。