歯周病

キービジュアル

歯周病の基本的な治療から再生治療

地域の皆様のお口の健康を守っていくうえで、何よりも大切なのが「病気にかからない」ことです。
そのために予防処置や定期的なPMTC(歯科専門家による機械的なお口の清掃)、早期発見のための定期検診です。
歯磨きが上手な方でも歯石(歯周病細菌の住処)の付着は必ず起こります。歯石はPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)でないと完璧に取り除くことが難しいため、定期的に通っていただく必要があります。
現在、成人の8割もの方が歯周病であり、その原因として「何もなくとも定期的に歯科医院に通う」という習慣が日本に浸透していない事があります。
歯周病は慢性的に進行し自覚症状が出てからでは手遅れとなる、とても怖い病気です。歯周病菌が脳疾患、心疾患、血液疾患、早期低体重児出産などと関連していることがわかってきています。
全身的な健康維持のために、ご自身の口腔状況をしっかりと把握していただき、健康的に美しい歯を維持する事を楽しみに、定期検診に通っていただけるような歯科医院を目指しています。
院長は積極的に歯周病治療の勉強会などに参加し知識と技術の研鑽をしていますので、基本的な初期治療から歯周再生療法まで幅広く行っております。

歯周病とは

女性

歯周病とは歯茎/歯肉からはじまり、歯を支える大切な骨が失われていく病気です。
慢性的に進行するため自覚症状がでづらい病気なのです。歯を失う原因で最も多いのは虫歯ではなく、歯周病です。
まずはご自身の歯周病の状態をあらゆる角度から知ることが大切です。

歯周病の主な原因

歯周病は 歯周病細菌による「感染症」です。歯磨きが適切に行われなかったことで歯面や歯石に細菌性プラークが付着し、細菌が繁殖することで進行します。
生まれて来た赤ちゃんの口の中には、歯周病細菌は存在しません。ほとんどの場合、親からの垂直感染ですので家族皆でお口の健康を保つようにしましょう。

歯周病セルフチェック

最近歯科に受診しておらず、下記項目に心当たりがありましたら歯周病の可能性があります。歯科医院での早めの受診をお勧めします。

  • 最近、歯が長くなってきて隙間がある
  • 歯ブラシをした時に出血する
  • 歯並びが悪くて磨き残しがある
  • 歯軋りをしている
  • 口臭が気になる
  • 抜けたままにしている歯がある
  • 揺れている歯がある
  • 水を飲むとしみて痛い
  • 歯茎に痛みがある
  • 口内炎ができやすい
歯周病の治療

当院では、歯石除去のスケーリングやルートプレーニング(SRP)を行っております。
また、歯周病によって溶けてしまった顎の骨の再生治療などを行っております。

器具

スケーリング

超音波、手用、エアースケーラーなどと言われるマイクロ振動と水圧により歯面や歯根面に付着している歯石とともにバイオフィルムの除去を行います。

歯周外科治療(フラップオペレーション)

『フラップ・オペレーション』とは『ルートプレーニング』では取りきれなかった深い歯周ポケットに存在する汚れや歯周病細菌を取除く処置です。
重度の歯周病の場合には、歯周外科を必要とする場合があります。

再生治療

歯周病で喪失した歯肉や歯槽骨などの歯周組織を再生する治療方法です。
歯週環境を整えて歯を長く保存していくため、良いインプラント治療をするための基礎作りに様々な用途や方法がありますのでお気軽にご相談ください。

クリニックメニュー

医院名 とどろき今井歯科
住 所 〒158-0082 東京都世田谷区等々力3-5-11
TEL 03-3701-1182
アクセス 東急大井町線 等々力駅 徒歩1分
休診日 木曜、日曜、祝日
診療科目 一般歯科、小児歯科、予防歯科
診療時間 日・祝
9:30~
13:00
14:30~
19:00

14:30~17:00

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。